TOP > KISについて

KISについて

組織


法人名称特定非営利活動法人 北九州サスティナビリティ研究所 (KIS)
英語表記 Kitakyushu Institute on Sustainability (KIS)
理事長三隅 佳子
事務所〒805-0071
北九州市八幡東区東田2丁目5-7 東田エコクラブ内
電話番号093-663-7400
FAX番号093-662-3800

 

NPO法人 北九州サスティナビリティ研究所


市民、団体、企業、行政のネットワークに基づく持続可能な(サステイナブル)社会を構築し、もって地域の活性化を図るために設立されました。KISは、持続的な環境保全・人権が守られる多文化共生社会・地域が元気な経済をめざして活動しています。

私たちの活動のキーワードは「サステイナビリティ(持続可能性)」です。

サステイナビリティ(持続可能性)


サステイナビリティ(sustainability)とは、持続可能性という意味です。サステイナブル(持続可能な)という言葉は、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開かれた国連環境開発会議(地球サミット)以降、広く世界で使われるようになりました。地球上の自然の恵みを現在の世代だけでなく孫子の代まで享受できるように、持続可能な開発をしようという考え方です。

北九州サスティナビリティ研究所の目的


  1. 市民、団体、企業、行政など、さまざまな活動主体のネットワークにもとづき、持続可能な社会システムを構築すること
  2. 持続可能な社会システムの構築を通して地域の活性化へ寄与すること

北九州サスティナビリティ研究所の主な活動


  1. 環境保全や持続可能な社会づくりにかかわる活動の支援・推進・実施
  2. 持続可能な社会づくりにかかわる活動のネットワークの支援・推進
  3. 勉強会やシンポジウムなどの企画・支援・推進・実施
  4. 持続可能な開発教育(ESD)の支援・推進・実施
  5. 持続可能な開発に関する実践・研究活動
  6. 政策提言活動 などです。

歴史


平成18年(2006年)環境市民活動サポートセンターとして誕生
平成22年(2010年)11月名称を北九州サスティナビリティ研究所に変更、事業内容を拡充